別冊リーガリゼーションカフェ|法を楽しむ|WASEDABOOK


















「燃ゆる空―リアルパリ」フランス弁護士広瀬元康
大陸法が行き届くフランスの街角をリーガルデッサンLinkIcon

ニューヨークロイヤー大木満の「With or Without Prejudice」
リーガルセンス×ビジネスマインド360度LinkIcon

「Windy Shanghai - 時の過ぎゆくままに」弁護士馮素芳
気鋭の中国国際弁護士が軽やかな筆致で綴るリーガルエッセーLinkIcon

フランス法定翻訳通訳 中尾裕子
大陸法の法定翻訳通訳LinkIcon

法務翻訳の世界 弁護士広瀬元康
グローバルスタンダード&リーガルセンスLinkIcon

特許翻訳の世界 弁理士小澤信彦
なぜ特許出願に翻訳が必要なのかLinkIcon

法廷通訳の世界 石田美智代
「法廷通訳」へのいざないLinkIcon

中国国際弁護士列伝
中国司法改革をリードする若手国際弁護士

弁護士 周暘
弁護士 韓嶺虎
弁護士 周瑞雪

シリーズ「事件の記憶×時効」
この街に犯人がいる

シリーズ「事件の歩き方」
事件を振り返るフォトジャーナル

「ロボット裁判」
近未来の法化社会を読むLinkIcon

TheRanker×TheBlogger - 法廷日記
ブログから見える弁護士生態LinkIcon

シリーズ「法廷映画観賞」
事件プロットの完成度。キーワードで楽しむリーガルシネマLinkIcon

シリーズ「DOGS AND DNA」
事件「証拠」の進化論LinkIcon

シリーズ「裁判官の科白」
判決理由を吟味するLinkIcon

シリーズ「CASE CATAlogue」
事件の紋様、裁判の波紋LinkIcon

シリーズalius ibi - 不在証明」
「証拠」はいつまで眠るかLinkIcon

裁判を起こそう−ひとり訴訟のススメ  レポート

弁護士の手を借りずに自分で起こす訴訟。

THE LAW FARM  レポート

法律事務所を訪ねる。リーガルサービスとは。

刑事弁護の鍵  インタビュー

刑事事件を解決する鍵とは。被告人を守る法則を訊く。

「世界の事件」×「日本の事件」  コラム

詩人らが「日本の事件」を読み返す

中国特許事情  レポート

中国の特許制度、特許弁護士を追う。

「賢者の一冊」  インタビュー

ジャパニーズロイヤーが薦めるこの一冊。

「脱リーガルマインド」  コラム

リーガルマインドの危うさと脆さ―ビジネスマインドの行方

「琥珀色の法律学」  コラム

法と経済学、法と人工知能、未来のローにみる法学体系の揺らぎ

「わたしをコートにつれてって」  コラム

法廷の歩き方、過ごし方。裁判の使い方。裁判所を知るためのリーガルレッスン。

「弁護士ほど素敵な稼業はない」

弁護士ビジネスの最先端。

「裁判は最高のショー」

ショー化した裁判を演出するコンサル、防御と攻撃にみる弁護戦術。

「法衣を捨て街に出よう」

真実と正義は街にある。裁判官物語。

「法廷だけが知っている」

法廷に真実はあるか。

「経済事件始末記」  コラム

経済事件の解決は裁判か、市場か。

「判決と共に去りぬ」 

判決は人間を幸福にするか。

「一度やったらやめられない−検事物語」 

検事が語る起訴の世界。

「裁判官に明日はない」 

元裁判官が語る裁きの世界。